富士見台駅近くしみず歯科では虫歯の治療・ホワイトニング・インプラント・矯正・小児などの診療を行います。

歯科/小児歯科/矯正歯科/インプラント外来
24時間受付中 ネット予約はこちら御予約・お問い合わせは 03-3990-0103

しみず歯科富士見台の診療内容

インプラント

インプラントとは、歯が失われた場所に歯の根に代わる(人工歯根)を埋めておき、それが骨としっかり付いた 段階で人工の歯をかぶせ、天然の歯が生えていた頃と同様の機能性と美しさを回復させる治療法です。素材はチタンで、 金属アレルギーの心配がほとんどなく、骨と一体化する性質があります。部分的に抜けている方も、全ての歯が抜けて しまっている方にも最適な治療法です。

当院では、40年前にインプラント治療を世界ではじめて行ったブローネマルク教授が開発した ノーベルバイオケア社のブローネマルクシステム 及びリプレイスシステムをメインに治療しております。また、できる限り外科的な処置の少ない1回法インプラント、 インプラント埋入後すぐに咬めるようになる即時機能インプラントなどの治療法も行っております。

インプラント治療はこんな方におすすめします!

インプラント治療はこんなかたにおすすめ

※インプラント治療が適さない場合もあります。インプラント治療をご希望される方は、ますご相談ください。

インプラントの構造

インプラントでは顎の骨に人工歯根となるチタンを埋め、その金属を土台にして、人工歯を被せます。

インプラントは人体との親和性が高いチタンでつくられているので金属アレルギーの方も安心。顎の骨が 結合すれば、その上に安定した人工歯を被せることができます。

従来の入れ歯やブリッジとは違い食べること、話すという機能が回復します。

インプラントイメージ図

他の治療法との比較

入れ歯との違い

・入れ歯は、固定性ではないので出し入れにわずらわしさがあります。
・歯茎に安定させるためにバネがあり、目立ちます。
・顎の骨が少しずつ痩せてきます。

ブリッジとの違い

・ブリッジを支えるために両隣の健康な歯を削らなければなりません。
・支えとなる歯に負担がかかりやすくなります。

安心してインプラント治療を行うために

インプラント治療を適切に行うためには、あごの骨の状態を詳しく調べることが重要です。そこで、 治療前に病院又はレントゲンセンターでCT撮影を行うようお願いしています。

病院又はレントゲンセンターでCT撮影を行い、当院で、最先端のコンピューターシステム(SimPlant)を使用して、 あごの骨の状態を見ながら治療計画を立てます。これが、より安全で無理のない治療を進めるための最新の方法です。

※CT撮影は、当院から提携している病院に予約いたします。
※CT撮影時間は、数十秒ですが、全体の時間は、撮影した画像データの作成時間を入れて約30分程度です。

なぜCT撮影が必要なのでしょうか?

歯医者さんでよく行うX線撮影は、歯の様子を見たり虫歯の治療をするのにはとても役に立ちます。 一方、インプラント治療においては、あごの骨の硬さを調べることが重要になります。 あごの骨の状態は、骨の硬さや形、神経の位置など一人一人異なります。 CTで撮影した画像からは、あごの骨の形や硬さがわかるだけでなく、あごの病気や神経の位置なども調べることができます。

CT撮影をするには、どうしたらいいのですか?

提携しているレントゲンセンターに、当医院から予約させて頂き、レントゲンセンターに撮影に行きます。 CT撮影時間は数10秒ですが、全体の時間は、撮影した画像データの作成時間を入れて約30分~1時間とお考えください。 撮影の前に、お食事をなさっても構いません。

CTで撮影した画像は、どう使われるのですか?

CTで撮影した画像は、最先端のコンピュータシステム(SimPlant)に取り込まれ、 コンピュータの画面上であごの骨を見ることができます。

イメージ図 イメージ図

この画像は、骨の状態をどこでも見たい位置で見ることができ、この画像を使って手術の前に計画を立てます。

この画面を見ながら、治療方法をわかりやすくご説明いたします。

CT撮影から治療開始までの流れ

当医院では、最先端のコンピューターシステム(SimPlant)を活用してインプラント治療を実施しています。

インプラント治療の手順
1 CT検査の予約 イメージ図 2 病院でのCT検査 イメージ図
3 検査データが当医院へ イメージ図 4 治療計画の作成 イメージ図
5 治療計画のご説明 イメージ図 6 施術実施 イメージ図
治療の流れ
1 診査と治療計画

失われた歯の数、インプラントを埋め込む骨の硬さ、大きさ、位置により、治療法には様々な選択肢があります。歯にかかる力の方法や強さはもちろん、 患者さんに無理のない衛生管理などを含め総合的に検討した上で、治療計画が立てられています。

2 一次手術

顎の骨にインプラントを埋め込みます。

3 治癒期間

一次手術後、3~6ヶ月の治癒期間をおくことで、インプラントと骨が強い力で結合します(オッセオインテグレーション)。この期間、仮の歯を使用できる場合もあります。

4 二次手術

(ほとんどのケースで必要ありません)

歯ぐきを開いて人工の歯を取り付ける準備をします。この状態で、歯ぐきが治るまで1~6週間おきます。

5 人工の歯を作製・装着

歯ぐきが治った時点で型を取り、人工の歯を作ります。形や色などは患者さんに合わせて作製し、インプラントに取り付けます。

メンテナンスと定期検診

インプラントで治療した部分に限らず、口の中を衛生的に保つ必要があります。ブラッシングの方法などについて適切な指導を受け、 また半年に1回程度の定期検診を受けて、インプラントや人工の歯の状態、咬み合わせを確認します。

3つのC Clear 納得のいく説明と治療 Clean 減菌と消毒の徹底 Clever 巧みな技術

富士見台駅近く「しみず歯科」では、1本1本の歯だけでなくお口の中全体を一つの単位として総合的な歯科治療を ご用意しています。
一度治療が完了した後、その健康な状態を長期間保つためにメンテナンスもお手伝いさせて頂いております。

≫詳しくはこちら

サイトマップ プライバシーポリシー
ページトップに戻る